フェアトレードであったかいまちを作ろう!北海道でフェアトレードを広げよう!

フェアトレードフェスタ

  • HOME »
  • フェアトレードフェスタ

2018年 フェアトレードフェスタ

フェアトレードフェスタ(フェアフェス)とは

2003年から始まった毎年開催しているフェアトレードのイベント。2007年からは大通公園で毎年開催される大規模イベントになっています。

最新情報 (公式facebook)

 

フェアフェスの歴史

1991年 札幌市白石区菊水に、北海道初のフェアトレード商品を常時扱うお店、環境友好雑貨屋「これからや」開店。

2003年 「これからや」と、そこに集まる人々、そしてフェアトレードの理念と原則に共鳴する人々の輪が少しづつ広がって、屋内の会場を使って「さっぽろフェアトレードフェスタ」を始めました。これが現在のフェアトレードフェスタinさっぽろの前身です。2006年までは、廃校となった学校の校舎や、イベントホールなどを借りて、屋内で一日のみの開催でした。この間に、「これからや」に続いて、フェアトレードを看板に掲げる「みんたる」や「アースカバー」といったフェアトレードショップが市内に開店し、ショップを通じてフェアトレードと触れ合う人々がさらに増えていきました。

2007年 徐々にフェアトレードの結びつきが増え、大通公園での野外開催を可能にしました。屋外で2日間の開催を実現しました。当初は6月下旬の土日に開催されました。
出展者は、フェアトレードショップやフェアトレードに関わる学生団体だけでなく、有機無農薬の野菜を売る店舗や、フェアトレードの素材を使った食材を提供するレストランやカフェ、不登校の子供たちを支援するフリースクールや障がい者支援団体、世界の児童労働禁止を訴える労働組合、そして先住民族アイヌの団体など、多様な団体が参加しています。

2011年 一般社団法人フェアトレードタウン・ジャパン(FTTJ、現在の日本フェアトレードフォーラムの前身)の協力を得て、渡辺龍也先生、熊本の明石祥子さん、名古屋の土井ゆきこさんに登壇していただき、「札幌をフェアトレードタウンにしよう!」と題したシンポジウムをステージで開催

2015年 大通公園を含めた市内の主な公園施設を管理する公益財団法人札幌市公園緑化協会が、フェアトレード北海道とともにフェアフェスを共催

2017年 初の大通公園10丁目で7月に開催。1日目は夜20:00まで行われ、キャンドルナイトも実施されました。

歴代パンフレット

歴代ホームページ

フェアトレードフェスタ2007inさっぽろ
フェアトレードフェスタ2008 inさっぽろ
フェアトレードフェスタ2009 inさっぽろ
フェアトレードフェスタ2010 inさっぽろ
フェアトレードフェスタ2011 inさっぽろ
フェアトレードフェスタ2012 inさっぽろ
フェアトレードフェスタ2013in さっぽろ

フェアトレードフェスタ2017inさっぽろ

youtube動画

お問い合わせはお気軽に TEL 011-891-2731 内線1702
FAX:011-896-7660

PAGETOP
Copyright © フェアトレード北海道 All Rights Reserved.